営業の質

広いリビング

注文住宅は自分でプランニングできるのが大きな特徴です。
ということは家に対して漠然としたイメージがある人にとってはとても優れた住宅なのです。
ただ、単純に建売住宅と比べた場合建築費用がかかります。
その理由は建売住宅のように数軒分の資材を仕入れるわけではなく、あくまでオリジナルでオーダーメイドだからです。
イメージも大切ですがイメージ通りの作ることで余計にお金がかかってしまうこともあります。
よほどお金が有り余っている場合は別ですが、イメージを持つ中で現実的にはどこかで妥協をする必要があるのです。
もちろんすべてを妥協する必要はありませんが、こだわるところはしっかりこだわってそれ以外はできるだけ安く仕上げるという手もありだと思うのです。

注文住宅の建築の際、価格の傾向が気になる人も多いのではないでしょうか。
これはどんな資材を使うか、どんなデザインにするかによって変わってきます。
建売住宅を建設する場合は注文住宅と比べると一般的には2割から3割は割高になると言われています。
その一方で、注文住宅も工夫をすれば建売住宅と同じくらいに抑えることができるとも言われています。
その方法は、ホームセンターや家具屋で自分で安価な備品を選んで建築業者にお願いしてその備品をつけてもらうことです。
壁紙やキッチンなどでも同様に、自分の足で見つけることで数百万円は安くすることが可能になるということです。
ほかにもいろいろな方法がありますので、実際に建てた人の評判・口コミを聞いてみてもいいでしょう。